高いハードル

医学部を目指すということは、かなり高いハードルを乗り越えなければならないという事です。偏差値は平均しても60を超えていますし、有名校では70オーバーもあり得ます。少しでも合格率を高めるためには予備校などの力を借りるようにしましょう。

医学部予備校の特徴

文房具

講師が医学部受験に精通している

名古屋の医学部予備校に在籍している講師は医学部受験に精通していることが多く、過去の統計データからその年の受験傾向を割り出し対策を行なっています。講師陣の力が優れているため、高い合格率を誇ることができるのです。

個別指導または少人数制

生徒一人一人に質の高い講義を行なうためには、少人数または個別指導が適しているとされています。医学部予備校は個別指導や少人数制になっていることが多いため、理に叶った授業を行なっているのです。

面接と小論文対策

一般予備校でも面接や小論文対策を行なっていますが、医学部予備校ではしっかりと時間をかけて面接と小論文の対策を行ないます。テスト対策だけでなく、その次のことも考えて先手を打つことも医学部予備校の特徴です。

授業時間が多い

医学部予備校は一般予備校よりも勉強時間が長いとされています。医学部を目指すためには数多くの知識を詰め込む必要があるため、土日祝祭日は朝早くから夜中まで開校している場合もありますよ。

サポート体制が充実

講師とは別に担任というサポート専門の職員がいます。勉強の合間を縫って、生徒のフォローやサポートを行なう職員がいることによって生徒のストレスが緩和され、勉強のしやすい環境が整っているのです。

塾と予備校の違い

塾は集団指導や個別指導など様々な指導方法があります。補習なども無料で受けることができるのも塾の良い部分と言えるでしょう。進路の相談も行なうことが出来るのも塾ならではとなっています。

予備校

予備校は講師が生徒に対して講義を行なうことが多く、教えている内容は基本的にレベルが高いです。成績を上げるための勉強というよりも受験対策を行なうための勉強に近いのが予備校の特徴となっています。

[PR]
大阪で医学部予備校に通おう
受験合格への近道☆

難関医学部受験に立ち向かおう!頼れる講師と予備校がバックアップ

学生

大学への進学

大学へ進学し、無事に卒業することができれば当然就職にも有利になります。また大学で何を学びどうしたいのかを考えて進学することで将来性も決まってくるでしょう。進学を考えるならここまで考えておきましょう。

男女

医学部を目指すなら

大学の中でも医学部への進学は難しいとされています。そのため、医学部予備校などの専門校で勉強する学生も多いのです。医学部受験を目指すなら専門校へ入るのも一つの手段と言えるでしょう。

大学生

成績が良いほうが得

受験だけでなく、進学した後も成績の良さは関係してきます。成績が良いと奨学金の対象になりやすいので、大学の学費を抑えることができるのです。成績が良いことで様々なメリットが生まれるのです。

予備校は進学率と合格率をチェック

予備校に入るのであれば、進学率と合格率を確認するようにしましょう。どれだけの生徒が希望校へ進学でき、合格したのかをデータで確認することによってその予備校の信頼度を知ることができるのです。

[PR]
名大附属中を受験したい!
中学受験の強い味方☆

大学の学費が心配

広告募集中