苦手なテーマを知っておく!小論文上達の秘訣

慣れておくことが大事

小論文に慣れおくことで、作成スピードも上がりテーマによって書きにくいという部分も克服することができるようになります。数をこなし、自分の型を見つけることが小論文作成のコツと言えるでしょう。

小論文作成で重要な事ランキング

原稿用紙
no.1

論点からずれないこと

小論文作成で一番重要なことは、テーマとなる論点からずれないようにすることです。論点がずれた小論文は意味を持ちませんし、大きな減点に繋がってしまう可能性が高いので注意が必要になります。

no.2

段落構成を間違えない

小論文の構成は基本的に三段落構成となっています。方向性を示す序論、理由や照明の本論、まとめや意見を述べる結論という構成を間違えずに書くことで論理的な文章になり、小論文として成り立つのです。これが出来ないと減点されるので重要とされていますよ。

no.3

分かりやすく伝わりやすい文章

ランキング3位に選ばれている「分かりやすく伝わりやすい文章」というのは簡潔で明快な文章のことを指しています。長い文章は区切りを入れ、伝えたいことは強調することによって、小論文らしい文章を作ることができるので意識しましょう。

苦手なテーマを知っておく!小論文上達の秘訣

原稿用紙

小論文の対策

小論文の対策を行なう塾や予備校は数多くあります。テーマ別に対策を行なっていることが多く、実践さながら時間を計って練習を行なうこともあります。テスト対策の時間を割いてまでも行なうのにはきちんとした理由があるのです。

勉強

合格に欠かせない

小論文は序論、本論、結論といった構成が重要となっているので、しっかりと対策や書き方に慣れておく必要があります。塾や予備校で小論文対策を行なう理由はこうしたものが関係していたのです。受験合格には欠かせない対策と言えるでしょう。

小論文対策を行なっている学生の声

鉛筆

時間を計ってやるから緊張する

私が通っている予備校では試験同様に時間を計りながら小論文を書きます。時間に追われている感があってかなり緊張しますが、これに慣れておけば試験でも余裕を持って書けると思いながらいつも書いています。

苦手なテーマが分かる

いろんなテーマの小論文を書くので、自分の得意な分野や苦手な分野が分かります。苦手な分野のテーマでも時間内に書き終え、さらにしっかりとした文章を書けるように特訓出来るのがいいなと個人的に思っています。

論理的に書く力が身につく

小論文とか今まで全然書いたことが無かったのですが、塾に入ってからかなり上達した気がします。話の道筋を立てて書いていくことを意識することで、論理的な考えを持つことができるようになりました。

広告募集中